施術前には自己処理が必要

女性とエステシャン

エステサロンのルールに従って

横浜で脱毛施術を受ける際には、事前に自己処理をしなければならないことがほとんどです。大抵は施術の2日前くらいに、施術の邪魔にならないように毛を剃っておきます。なぜ2日前くらいかというと、自己処理で使用する道具には電気シェーバーやカミソリなどいくつかの選択肢がありますが、どれを選んでも肌がある程度のダメージを受けてしまうからです。そのダメージから回復する期間を設けなければ、施術によって悪化しかねません。また施術までの間が空きすぎて毛が伸びすぎてしまうと、施術の効果が十分に発揮されなくなります。目安としては大体2mm以下で、あまりに伸びすぎていると、その日の施術がキャンセルになることもあるので注意しましょう。具体的な自己処理のルールは横浜の脱毛エステサロンごとに異なるため、事前にしっかり確認することが大切です。また自己処理の方法には除毛クリームや毛抜きなど、選んではいけないものもあるので気を付けましょう。ただ横浜で受ける脱毛の全てで絶対に自己処理をしなければならないわけではなく、自己処理自体が難しい場合は例外となります。背中などは鏡を使っても上手にシェービングするのは難しく、VIOは目で確認しにくい上にデリケートな部分なので、自己処理で傷が付きやすいです。そのため横浜の脱毛エステサロンでは、難しい部位は自己処理の対象外になっていることが多いです。その場合は施術前にプロが処理をしてくれるため、全てを任せて問題はありません。